生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 福島原発危機リスクマネジメントISO31000官僚制度(9) | メイン | 福島原発危機リスクマネジメントISO31000官僚制度(11) »

福島原発危機リスクマネジメントISO31000官僚制度(10)

前ブログにおいて、現在の官僚も武力行使を契機として交代した官僚であると述べました。但しそれまでの歴史とことなり、自分の武力ではなくて、自分の武力(旧陸軍)が招いた他人(米国)の武力で交代しました。

―― 1400年続いた我が国の官僚が自分の武力で世代交代した際に見られる一般的現象が見られます。即ち問題意識を持って武力を行使したのですから、「初代は高い志しをもった官僚だった」という現象です。自分よりも「国家」のためという高い志をもって生きていた官僚です。

―― このことを私の身内の事例で検証しましょう。
私の曽祖父北垣国道は、「生野の挙兵」の首謀者です。「このまま徳川幕府に政治を任せておくと、北海道がロシアに取られてしまう」という問題意識をもち、徳川幕府を倒さんものと農兵300を募って徳川幕府の生野代官所を武力攻撃しました。

―― すぐに制圧されましたが長州に逃げ、長州軍鳥取藩の部隊長として戊辰戦争を勝ち抜き、明治の太政官官僚のトップ近くにまで出世しました。官僚としては「内務省事務次官」。そして最終的地位は、男爵官位正二位枢密顧問官です。体を張って外国から国を守るという「高い志」を実現した貴重な「勲章」でした。

福島原発危機に関連してリスクマネジメントISO31000を説いています。官僚制度に対する批判があるので、官僚を弁護する立場で我が国の官僚制度に関する私見を述べています。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年07月16日 12:54 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読