生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 福島原発危機リスクマネジメントISO31000官僚制度(3) | メイン | 福島原発危機リスクマネジメントISO31000官僚制度(5) »

福島原発危機リスクマネジメントISO31000官僚制度(4)

前ブログにおいて、江戸時代の官僚、武士は刀を指し、かつ、「切捨て御免」なるルールの下で自由に振舞っていたと書きました。

―― なぜ武士が暴走しなかったのでしょうか。その理由は倫理感だと思います。武士は子供の頃から厳しい倫理教育をうけました。幕臣なら昌平坂学問所、各藩なら藩校に通い、武力を磨くだけでなく、むしろそれはマイナーであり、朝から晩まで漢文の素読をやらされていました。

―― その漢文は倫理に関するものが多かったのです。例えば「論語」でした。この素読によって「刷り込み」を受けました。倫理感の刷り込みでした。

―― この辺りの事情は、私が生まれた田辺家は幕臣の家であり、かつ、儒学者の家だったのでよく分かっています。先祖の中でも田邉新次郎石庵はかなり名が知られています。昌平坂学問所教授であり、甲府徽典館の学頭でした。その石庵の養祖父田邉次郎大夫貞斉も雑学者としてかなり知られています。

福島原発危機に関連してリスクマネジメントISO31000を説いています。官僚制度に対する批判があるので、官僚を弁護する立場で我が国の官僚制度に関する私見を述べています。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年06月16日 18:40 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読