生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 福島原発危機リスクマネジメントISO31000官僚制度(2) | メイン | 福島原発危機リスクマネジメントISO31000官僚制度(4) »

福島原発危機リスクマネジメントISO31000官僚制度(3)

前ブログにおいて、官僚が「暴走」した例として大東亜戦争突入時の旧大日本帝国陸軍のことを紹介しました。

―― 間違いを起こした官僚は、やっかいなことに武装していました。ですから暴走しやすいという側面をもっていました。「問答無用」といって競争相手を切り捨てることができたのです。すなわち官僚が武力をもっていたのです。5.15事件や、2.26事件は官僚暴走の発端でした。

―― しかし官僚が武力をもっていた事実は、大日本帝国陸軍だけではありません。江戸時代の官僚である武士は、「武士」の文字通り武装していました。官僚が武装していたのです。しかも「切り捨て御免」のルールがありました。

―― ところが、官僚たる武士が暴走したという歴史的事実は、私はこれを知りません。島原の乱は、戦国時代の名残りであり、官僚(武士)暴走とは関係ありません。

福島原発危機に関連してリスクマネジメントISO31000を説いています。官僚制度に対する批判があるので、官僚を弁護する立場で我が国の官僚制度に関する私見を述べています。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年06月12日 13:59 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読