生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 原発危機 ISO31000リスクマネジメント 電力自由化(6) | メイン | 続続三菱化学エチレン事故 地震津波被災から復旧(1) »

原発危機 ISO31000リスクマネジメント 電力自由化(7)

前ブログにおいて「東電に対して安定供給と引き換えに独占を許してきたが、もう国民が許さない」と書きました。


―― 私の事務所に引いてあるKDDIの「au ひかり」ケーブルは、もともと東電の「TEPCO ひかり」でした。なんと東電が通信事業にまで進出していたのです。現在テレビに出てくる東電の武藤副社長(背の高い人)は、前歴が通信事業本部長だったそうです。

―― 電気事業者が通信にまで進出するなどはとんでもないことでした。DTIに売却したのは、政府からの指導だったと思います。いやそう信じます。そうでなければならないからです。

―― ここで公共の施設、サービスである鉄道、通信、都市ガスと電力とを比較して見ましょう。まず表を作成しました。以下の通りです。

       <所有線路>   <線路に載せるサービス> <競合者>
<東京電力>   電力ケーブル     電力         無       
<JR東日本>  鉄道レール      列車運行       私鉄、公鉄 
<NTT東日本> 通信ケーブル     無          KDDI、SB
<東京ガス>   ガスパイプ      都市ガス       灯油、LPG

この表でみると、東電の「競合者無し」という独占状況は突出しています。

―― 現在私が普及に努めているISO31000に関連して福島原発危機を書いていますが、ISO31000はリスクマネジメントの国際規格です。そして広義リスクマネジメントの中にはクライシスマネジメントが含まれています。但しISO31000には含まれていません。

 次ブログにつづきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年06月02日 18:18 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読