生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 原発危機 ISO31000リスクマネジメント 電力自由化(5) | メイン | 原発危機 ISO31000リスクマネジメント 電力自由化(7) »

原発危機 ISO31000リスクマネジメント 電力自由化(6)

前ブログにおいて、「電力自由化」が2000年に実現したものの、不十分であったと言いました。参入条件が厳しすぎたために、形式的な自由化だったのです。


―― 東電に対して政府は、安定供給と引き換えに独占を許してきたのですが、その安定供給が果たせなくなって「計画停電」などの経済活動に著しい支障をきたしている東電です。もう独占は許されません。国民が許しません。

―― 因みに言うと、計画停電の「計画」という言葉はとても失礼な言葉です。計画という言葉には、「送電側は計画して事前にお知らせしているのだから受電側は準備できるだろう」という押し付けがましい姿勢がチラホラ見え隠れします。

―― 自分達の発電機を立ち上げたり、止めたりするのにどれだけ時間を要するのでしょうか。そのことを考えれば「計画」などという言葉は使用できない筈です。計画停電するなら、東電本社のある東京都千代田区からやってほしいと思います。

―― 現在私が普及に努めているISO31000に関連して福島原発危機を書いていますが、ISO31000はリスクマネジメントの国際規格です。そして広義リスクマネジメントの中にはクライシスマネジメントが含まれています。但しISO31000には含まれていません。

 次ブログにつづきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年06月01日 08:51 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読