生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 原発危機 ISO31000リスクマネジメント 電力自由化(4) | メイン | 原発危機 ISO31000リスクマネジメント 電力自由化(6) »

原発危機 ISO31000リスクマネジメント 電力自由化(5)

前ブログにおいて、アスファルトのガス化プラントは大きな石油化学プラントであると言いました。

―― 一応2000年に「電力自由化」が実現しました。しかし形式だけです。グリッド(配電網のこと)につなぎ込む際の条件が厳しくて自由化率が上がらないそうです。現在2%(テレビ情報)であり、大規模工場で信頼性の極めて高い発電機によって起こしている電気だけが受け入れられるからです。意図的に条件を厳しくしているとしか思えません。

―― 契約は以下のような形になるでしょう。「私田邉康雄は、三菱化学から電力を購入します。万が一、発電所のトラブルによって電力購入できなくなっても文句は言いません」と。そして万が一に備えて新日本石油と契約しておくことになるでしょう。

―― 消費者にとっては電力料金が安くなるというメリットがあります。一方国にとっては、発電所の立地に対する制約が少なくなり、電力不足が解消されます。競争原理が働いた場での資本主義に相応しい供給/消費の構図が出来上がります。

―― 現在私が普及に努めているISO31000に関連して福島原発危機を書いていますが、ISO31000はリスクマネジメントの国際規格です。そして広義リスクマネジメントの中にはクライシスマネジメントが含まれています。但しISO31000には含まれていません。

 次ブログにつづきます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年05月31日 10:33 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読