生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 田邉康雄のセミナー - 福島原発とISO31000 (1) | メイン | 福島原発危機 ― ISO31000リスクマネジメント 初動(1) »

田邉康雄のセミナー 福島原発とISO31000 (2)

昨日、株式会社新技術開発センター主催になるセミナーを紹介しました。今日は、ビジネスエデュケーションセンター株式会社主催、かつ、リスクマネジメント協会後援になる無料セミナーの御案内です。

―― 去る3月12日にリスクマネジメント協会の年次大会が開催される予定でした。その席上で私田邉康雄は講演をする予定でした。タイトルは「リスクマネジメント国際規格ISO31000の活用方法」でした。ところが前日3月11日に東北関東大震災が発生したので大会は中止になりました。

一方、私が無料で御招待した方が38名に上りました。その方の中から「田辺の話を聞きたい」というお声が聞かれました。「代替大会はいつ開催されるのか」というお問合せです。しかし残念ながら代替は予定されていません。そこで御要望にお答えする目的で私が無料セミナーを開催することにしました。会場使用料も私が負担します。

―― テキストには、「アイソス」6月号使います。当日アイソスの社員が会場へ販売のために持ち込むので、各自一冊ずつ購入していただきます。価格は1,400円です。即ちセミナーは無料ですが、アイソスを購入していただく費用が1,400円かかるということです。このアイソス誌には、私田邉康雄が投稿した特集「福島原発クライシスからISO31000の活用を考える」(22ページの大作)が掲載されています。これがテキストです。

前述した38名に御案内し、かつ、ビジネスエデュケーションセンター株式会社が無料で招待していた方が約20名います。合計58名です。一方、会場の収容力は86名です。ですから、28名の余裕があります。

開催日:6月11日(土)
時間帯:13:00開場受付開始、14:00開始、16:00終了。
開催場所:厚生労働省所管財団法人女性労働協会「女性の就業支援センター」第一セミナー室(4階)インターネット検索可能、東京都港区芝6-35-3(JR田町駅徒歩1分)
講 師:田邉康雄
主催者:ジネスエデュケーションセンター株式会社
後援者:リスクマネジメント協会(米国RIMS日本支部)
受講料:無料、但し会場で株式会社システム規格社販売するアイソス6月号(1,400円)を各自一冊、テキストとして購入すること。

御興味のある方は、私宛に御連絡ください。もちろん無料で御招待します。ちなみに、新技術開発センター主催のセミナーは、基礎編が半日で9,800円、応用編が一日で39,800円です。この内容のエッセンスが聞けるという「いい話」です。

―― 最後に付け加えます。このセミナーは私田邉康雄にとって、金銭的メリットは何もありません。それどころか前述の通り、会場使用料を私が負担するのですから「持ち出し」です。純粋に「大会がキャンセルになってその代替大会が予定されない」御不満を私が自腹を切って解消させていただくものです。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年04月30日 11:41 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読