生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 原発事故 田邉康雄のリスクマネジメントISO31000(16) | メイン | 田邉康雄のセミナー 福島原発とISO31000 (2) »

田邉康雄のセミナー - 福島原発とISO31000 (1)

リスクマネジメントの国際規格ISO31000が普及期を迎えようとしています。この期に当たって東京電力福島第一原子力発電所の地震・津波による被災事故が発生しました。この事故により、リスクマネジメントに関する国家的関心が高まっています。

―― 私田邉康雄は、去る3月13日の水素爆発の日から、4月1日まで現場で頑張っておられる作業員に声援を送りました。その結果、3月22日に現場作業員の御家族から感謝のお電話を受けました。「声援をありがとう。私達のことを分かってくれる人が居てうれしい」と。

―― さて今言及しているISO31000は、リスクマネジメントの国際規格です。繰り返しますが、今その普及期を迎えようとしています。そして私田邉康雄は、その普及のためにセミナーをやっています。以下の通りです。

―― 新技術開発センターの公開セミナーにおいて講師をやります。以下の通りです。
1)  来る6月8日(水)に機械振興会館(東京タワー正面)において定員100名でISO31000の基礎編(規格解説)半日(午後)セミナーを実施します。受講料は1人9,8000円です。
2)  来る6月29日(水)に新技術開発センター(東京メトロ麹町駅徒歩5分)研修室において定員20名でISO31000の応用編(規格の活用)一日セミナーを実施します。受講料は1人39,800円です。基礎編を受講された方は、5,000円の割引があります。
何れもテキストが充実しています。これらテキストだけでも受講の価値があります。ISO専門誌「アイソス」2011年6月号において「特集」「福島原発クライシスにからISO31000の活用を考える」を副読本に使用します。この特集は田邉康雄が執筆したものであり、22ページに亘る大作です。

 以上の2つのセミナーに御関心のある方は、このブログのトラックバックを利用して私に御連絡いただいても結構ですし、あるいは、「お問合せ」を御利用になっても結構ですし、さらにはグーグルやヤァフーに「新技術開発センター」を入力して検索し、出てきた画面において「セミナー」をクリックするとセミナー一覧表がでます。この中から今紹介したセミナーを選んでいただくと直接申し込みもできます。

 次回ブログにおいて、セミナー内容を一部紹介します。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年04月29日 21:53 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読