生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 原発事故 田邉康雄のリスクマネジメントISO31000(15) | メイン | 田邉康雄のセミナー - 福島原発とISO31000 (1) »

原発事故 田邉康雄のリスクマネジメントISO31000(16)

米国原子力の専門家、Mr. J. Cirincione チリンチオーネ氏が日本の原子力産業は復活しないといっています。

But it is absolutely immediately the farmers and people in that 20 km radius around the facilities whether they can return to their homes, again, is very doubtful. But you also have the nuclear power industry. Japan depends for over 30% of its electricity on nuclear power. This is a blow that, frankly, I don’t think nuclear power industry in Japan can recover from. It may cripple nuclear power construction around the world Cherunobyl and Three mile Island did. So that is the ripple effect that I would be looking from this crisis.
原発から半径20km以内の農家や住民の避難は緊急の問題です。再び元の家に帰れるかどうかを考えている暇はありません。ところで日本は原子力産業をもっています。日本は電力の30%を原子力に頼っています。今回の事故は日本にとって大きな打撃です。私は日本の原子力産業が回復するとは思いません。またチェルノブイリやスリーマイル島原発事故のように世界の原発建設がストップされると思います。これがこの福島原発事故から波及する大影響でしょう。

Interviewer インタビューワー
Joseph, thank you so much for your expertise.
チリンチオーネさん。(核兵器専門家の)高い専門性を提供していただき、ありがとうございました。

My pleasure. Thank you for having me on.
どういたしまして。

次リスクマネジメントISO31000に関連して書いていますが、今回で一連のブログを終了します。次回からは別シリーズを連載する予定です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年04月06日 09:01 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読