生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 原発事故 田邉康雄のリスクマネジメントISO31000(13) | メイン | 原発事故 田邉康雄のリスクマネジメントISO31000(15) »

原発事故 田邉康雄のリスクマネジメントISO31000(14)

米国原子力の専門家、Mr. J. Cirincione チリンチオーネ氏が今後を大予想しています。


In the best case to contain it, and keep the radioactivity in the concrete boxes and two, three, or four years from now, we will have and sand mound on each of reactors dotting the Japanese shoreline. That is going to be a monument that no one really wants to see. And then, the little time we have left.

コンクリート箱の中に放射能閉じ込め成功を見た「ベストケース」の場合、2年か、3年か、4年後、海岸に点のような「砂の山」が並ぶでしょう。これはモニュメント(記念碑)であり、だれも見たくないものです。

次ブログにつづきます。リスクマネジメントISO31000に関連して書いています。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年04月04日 08:54 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読