生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 福島原発の爆発―ISO31000リスクマネジメント(4) | メイン | 福島原発の爆発―ISO31000リスクマネジメント(6) »

福島原発の爆発―ISO31000リスクマネジメント(5)

 前ブログにおいて、福島原発の1号機と3号機の建屋爆発は、建屋の「設計ミス」と断じました。しかし実際はそのように設計せざるを得なかったものでしょう。


 なぜならば、「緊急の際は建屋外部に放出する」と言っては、近隣住民の合意が得られないでしょう。だからいわゆる「閉じ込め」が求められたのでしょう。これを受けたプラント設計会社が、施工主の言うことだからといって「閉じ込め」設計をしたのでしょう。

 ―― 閉じ込め設計をした結果、「緊急事態」において建屋の中で、水素が空気と混合した状態で存在することになったものでしょう。
その結果、1号機と3号機が水素空気混合物の爆鳴気の静電気着火爆発を起こしたものでしょう。

 ―― 放射線発生物質を閉じ込めた結果、返って放射線発生物質の「漏洩」をきたしたという、皮肉な結果をもたらしました。国民が「100%」閉じ込めをもとめた結果が「漏洩」という結果を招いたのです。国民も、もっと賢くならなければいけません。

 ―― 国民は、リスクマネジメントを学ばなければなりません。リスクマネジメントとは、「どこまで我慢できるか」を予め定めることです。これが出発点になります。これがISO31000の求めるところです。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年03月14日 22:13 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読