生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 福島原発の爆発―ISO31000リスクマネジメント(3) | メイン | 福島原発の爆発―ISO31000リスクマネジメント(5) »

福島原発の爆発―ISO31000リスクマネジメント(4)

 リスクマネジメント国際規格ISO31000に関連して福島原発の爆発をリアルタイムで論じています。前ブログにおいて、「排気設備が建屋内に設置されていなかったとするならば、これは現場指揮者の問題ではなくて「設計ミス」」と断じました。


 ―― 今、NHK総合テレビで「2号機も水素が溜まってきた。建物上部に穴を空けて逃がそうか」という論議がなされていることが報道されました。2011年3月14日午後4時40分頃の放映です。

 ―― これで「設計ミス」が判明しました。化学プラント設計エンジニアの私には信じられないことですが、「設計ミス」と断定せざるを得ません。

 ―― 水素の空気中における爆発下限界値は4容量%ですから、その値に達する前に穴を開けなければなりません。4%に達した後で穴を開けると3号機の建屋も大爆発を起こします。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年03月14日 16:59 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読