生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 福島原発の爆発―ISO31000リスクマネジメント(26) | メイン | 福島原発の爆発―ISO31000リスクマネジメント(28) »

福島原発の爆発―ISO31000リスクマネジメント(27)

「ほうれん草に、人体には悪影響のない微量ではあるが放射性ヨウ素が含まれていた」と枝野官房長官の発表がありました。2011年3月20日午後1時。

 ―― 放射性ヨウ素は、核分裂生成物質ですから、核燃料棒が融解(メルトダウン)して2号機の燃料成分が、漏洩したものとしか考えられません。

 ―― しかしこのことは、前ブログの4号機の欄で書いたように、すでに覚悟していました。今懸念していることは、これも何度か書いていますが、ドライアップ(乾固)した「プール床」の上にメルトダウンした燃料棒が再臨界を迎えるかもしれないことです。しかし、このことに関しては一切報道がありません。

 ―― 再臨界を押さえるための「中性子減速材」でもある水を早く4号機へも注入してほしいと思っています。

 ―― 再臨界に関して技術的知識のない私は、ひたすら神様・仏様に祈るだけです。知識がない身の危惧であることを祈っています。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年03月20日 22:21 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読