生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 福島原発の爆発―ISO31000リスクマネジメント(18) | メイン | 福島原発の爆発―ISO31000リスクマネジメント(20) »

福島原発の爆発―ISO31000リスクマネジメント(19)

 首相補佐に藤井氏、官房副長官に仙石氏が就任し、この国家的危機に対応する。枝野官房長官の発表。2011年3月17日午後7時00分。NHK総合テレビのニュース。


 ―― 高圧電源の復旧についてその意味を大阪大学の山口教授をアナウンサーが聞きだしていた。この意味をさらに積極的に国民に報道してほしいです。
 この報道が高圧電源復旧に限定せず、水循環系の復旧に励んでいる東電エンジニアをどれだけ勇気づけるか、図りしれません。また東電に協力している東芝、日立等のエンジニア陣へも同様です。
 
 ―― 各報道機関は、水循環系復旧工事に関する工事進捗情況を一切報道していません。これはどうしたことでしょうか。
聞き違いかも知れませんが、2011年3月12日、駆動用タービンが現地に到着したとの報道がありました。本件がその後どのような効果を発揮したのか、その結果を報道してもらいたいです。

 ―― 今回トラブルの直接原因は、冷却水を炉心に循環するポンプを駆動するモーターを動かす電力が供給できなくなったことです。その電力は、送電線から受けるものと、それができなくなった場合の予備としてディーゼル発電機をもっていたと報道されました。

「水を入れる」ことが重要であるのではなくて、「水を炉心に循環する」ことが重要なのです。この「循環ができなくなった」ことが今回の原発甚大災害の元です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年03月17日 21:52 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読