生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 福島原発の爆発―ISO31000リスクマネジメント(15) | メイン | 福島原発の爆発―ISO31000リスクマネジメント(17) »

福島原発の爆発―ISO31000リスクマネジメント(16)

「再臨界」にはならない。軽水炉はもともとそのように設計してある。と、このようにNHK「緊急報告」(2011年3月16日午後7時30分)で、大阪大学の先生が表明した。


 ―― 私が唯一懸念していた最悪の事態が、設計上有り得ないということが判明した。枝野官房長官が示唆した最悪の事態が設計上、有り得ないことが判明した。大阪大学の先生に感謝するところ大である。御名前は残念ながら聞きもらした。

 ―― 具体的には、
 たとえ燃料棒が発熱のために融解して落下し、容器の底に積み重なったとしても、再臨界は発生しないと言明された。素人の私は「やれやれ」と胸を撫で下ろす思いだった。

 ―― 冷却が大切。
 と、すべての識者が言われる。

 ―― その冷却は、まもなく開通する受電設備によって、本来の冷却設備が動き出す。本来の設備がダメージを受けているなら、新たな設備を外部から調達している。これは東電エンジニアが、総力を挙げてマスコミの目に触れない所で着々と実施している。

 頑張ってくれてありがとう! 東電エンジニアさん達。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年03月16日 21:32 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読