生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 福島原発の爆発―ISO31000リスクマネジメント(10) | メイン | 福島原発の爆発―ISO31000リスクマネジメント(12) »

福島原発の爆発―ISO31000リスクマネジメント(11)

 今(2011年3月16日午前10時30分)、3号機~4号機近辺から「白煙」が上がっています。NHKヘリコプターが30km遠方(海側)から撮影している映像です。風に流れて行く後を目で追っていくと、少しだけ本物の「煙」が混じっています。しかし殆どが「水蒸気」です。規定通り、安全な30kmはなれた位置から撮影しているそうです。


 ―― 東電福島支店に記者が詰めかけ、支店長を問い詰めています。曰く「何号機か?」「そのどこか?」「原因は何か?」と。
マスコミはその暇があれば、自社のヘリコプターを飛ばして30kmといわず、「風上」から近くまで近づいて撮影し、その映像を東電に提供したらどうですか。

 ―― バックアップ電源を津波で失った現在、手足をもがれた状態で、しかも、強い放射線が故に総合制御室(コントロールルーム)から出られない今、マスコミも「決死」の覚悟で東電に協力したらどうですか。東電エンジニアが懸命に奮闘している今、東電社員に食い下がることは控えたらどうですか。

 ―― 私は水蒸気の量から見て、止まっている4号機のプールではなくて、3号機の格納器の下部スプレッションプールの安全弁が自動的に開いて圧力が安全な方向へ抜かれたと楽観しています。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年03月16日 11:31 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読