生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 福島原発の爆発―ISO31000リスクマネジメント(9) | メイン | 福島原発の爆発―ISO31000リスクマネジメント(11) »

福島原発の爆発―ISO31000リスクマネジメント(10)

 リスクマネジメント国際規格ISO31000に関連して、東電「福島原発」第一原発を書いています。そして前ブログにおいて「1号機」「3号機」はすでに危機を脱したと書きました。


「2号機」に関しては――、
「建物が破壊したから安心」と書きましたが、写真を見ると実際は破壊されていません。水素爆発が発生した位置は、沸騰部の下部、かつ、格納器の下部でサプレッッションプールと呼ばれる緊急用の冷却水の(ドーナツ状)貯槽の周辺であり、爆発直後に沸騰部の圧が下がったそうです。下がった理由は、

 ―― 沸騰部の水蒸気を抜いた
 と、推察しています。だから水素が分離して爆発したものでしょう。
沸騰部対する注水状況に関してはまだ発表がありませんが、おそらくもくろみ通りに圧力が下がったので前述した仮設ポンプでも注水ができていると推察しています。よって「2号機」も峠を越えたと思います。

 ―― 注水用モーター
 本日TBSテレビで、小松空港を立つ「モーター」を見ました。モーターにしては荷姿が長いのでこれはポンプとモーターがセットになった注水機ではないかと推測します。大きさから見てモーターは、50~100馬力だと思います。しかも3月12日に小松空港を航空自衛隊機で出発しました。

 このような準備が国民の目に入らない舞台裏で着々と進んでいるのです。安心してよいのです。「東電がんばれ!」は、「がんばっているね、東電!」と言い直します。「東電のエンジニア、頑張っているね」です。エンジニアとして嬉しく思います。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2011年03月15日 21:24 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読