生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 品川区大田区中小企業様のお役に立つISOコンサルタント田邉康雄(3) | メイン | 品川区大田区中小企業様のお役に立つISOコンサルタント田邉康雄(5) »

品川区大田区中小企業様のお役に立つISOコンサルタント田邉康雄(4)

 前ブログで「大企業はISOに期待していなかった」と述べました。そこで――。


 ―― 再び歴史を振り返ってみましょう。
 1987年版にISO9000sが発行されました。本質は、サッチャー(英国首相)の「悪知恵」と呼ばれる政治的色彩の濃い規格でした。それまでのISOは「物そのもの(商品)」の規格でした。

 ――「生産管理」という言葉を御存知でしょう。俗に、商品(物そのもの)、工程(物の流れ)、作業(物の流れに対する働きかけ)の三要素からなると言われています。
 サッチャーは「物そのもの(商品)」の規格だったISOに、「物の流れ(工程)」を通り越して「物の流れ対する働きかけ(作業)」を規格として導入したのです。

 ―― 最初「商品品質」には自信をもっていたわが国の大企業はそっぽを向きました。「欧州の品質規格など、なんぞあらん」と。ISO9000Sを「商品の規格」であると誤認したのです。

 ―― しかしISO9000sを取得しなければ、欧州への輸出は許可されないことがはっきりして大企業の態度が変わりました。「輸出のために“必要”、即ち“必要悪”としてISO9000sを取得しよう」と、いう考えに変りました。その先鋒に立った企業は、欧州に輸出をしていたエレクトロニクスの大手企業でした。

 その結果、企業の経営システムとは無関係にISO9000sシステム構築が始まりました。その結果、現在にも繋がる大企業の「ISOと経営の二重構造」が生じました。
 自業自得の大企業はそれでよいでしょうが、大企業と同じ「二重構造」の指導を受けた下請中小企業がお気の毒です。

 次ブログに続きます。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2010年11月13日 08:57 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読