生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« リスクマネジメント―ISO31000(10) | メイン | リスクマネジメント―ISO31000(12) »

リスクマネジメント―ISO31000(11)

 2010年11月15日にISO31000が発行された。私田邉康雄は、日本規格協会の対訳本を入手して精読した。精読中に感じたことを以下に連載して記述する。
 なおこの内容は、すでにビジネスエデュケーションセンター株式会社の御依頼により、2010年5月24日、「News2u.net」へリリースした「田邉康雄のリスクマネジメントリポートNo.1」にほぼ同じ内容です。


<形骸化ISOと袂を分かつISO31000リスクマネジメント(5)>

―― 繰り返す。ISO31000はリスクマネジメントだ。このスタートはリスクの発見だ。審査員は、リスクを発見する力量をもっていなければならない。
 
 最近化学工場の爆発火災が頻発しているが、化学工場を訪問してその工場の爆発火災が発生する可能性のある設備と作業を発見できる審査員がどの程度存在するであろうか。最低限の経験として化学工場の設計と運転の両経験が必要である。

 認定を受けた審査機関に審査を依頼したら、経験のない審査員に対して経験のある専門家を同行させて審査を実施するであろう。しかしこのやり方はISO9000やISO14000で効果が甚だ少ないことが周知の事実である。 

投稿者: 田邉康雄 日時: 2010年06月20日 16:25 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読