生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« コンプライアンス(2)-有効性8) | メイン | リスクマネジメント―ISO31000(2) »

リスクマネジメント―ISO31000(1)

 2009年11月15日にISO31000が発行された。私田邉康雄は、日本規格協会の対訳本を入手して精読した。精読中に感じたことを以下に記述する。
 なおこの内容は、すでにビジネスエデュケーションセンター株式会社の御依頼により、2010年5月24日、「News2u.net」へリリースした「田邉康雄のリスクマネジメントリポートNo.1」に同じである。

 
<ISOの起源と現状(1)>
「サッチャーの悪知恵」と言われるISO9000が導入(1987年)されてから久しい。ISOはフィルムの感度表示(ISO100)など「製品の規格」であったが、ここに英首相サッチャーが、「製品を作るプロセス」を規格にして強引に押し込んだのだ。統合(EU)に向かう欧州において英国の主導権を確保するためだった。

 ―― 当初わが国メーカーはそっぽを向いていた。なぜならば自社製品の品質に大きな誇りをもっていたからだ。曰く「ヨーロッパの品質規格など、何ぞあらん」と。
 しかし欧州へ輸出するためには、品質ISO9000審査登録が必要であることがはっきりした。この時点でわが国の大手エレクトロニクスメーカーが動いた。
 彼らは「ISO9000とは手順の文書化と実施の記録である」と短絡的に理解し、1990年台の初頭には強引に登録を完了した。その結果、従來の会社経営システムとは別個のシステムが出来上がり、社内は二十構造となった。

 その分だけ人手がかかり、コストが上がったが当時の大手企業にとっては痛くも痒くもなかった。そのコストアップよりは輸出で稼ぐ金額の方がはるかに大きかったから。
 しかし大手から押し付けられた下請中小企業はしぶしぶと導入した。中小企業にとって文書と記録の洪水は大きな負担だったにもかかわらず。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2010年06月01日 08:14 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読