生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« コンプライアンス(2)-有効性(6) | メイン | コンプライアンス(2)-有効性8) »

コンプライアンス(2)-有効性(7)

 コンプライアンスの話を展開する前にコンプライアンス定義を明確にしてあります。世間でとられている遵法に限定されずに、もっと広い意味にとると最初に述べました。

 ―― 次はコンプライアンスの「明確化したコンプライアンスの修正」です。

 トップは、「明確化」「文書化」「遵守」「内部監査」「チェック」を定めました。これらを実施した結果、トップが不満に思う点をトップが発見したら、その部分を修正します。

 ―― 文書化が不十分であるが故に実施段階において遵守が不十分であると判断すれば、文書化を充実します。
遵守が不十分であると判断すれば、遵守のための教育訓練を充実します。内部監査における助言・勧告が不十分であると判断すれば、内部監査員のレベルアップ教育を充実します。
チェックが不十分であると判断すれば、チェック内容の明文化とチェックサイクルの適正化(短縮など)を行います。

 ―― 遡ってトップ自ら定めた方針の「明確化」が不十分、あるいは十分すぎた(高望み)と判断すれば、トップ自らがその内容を修正します。とくに高望み方針の場合は、実施段階においてうまく行かない場合が多いものです。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2010年05月30日 14:37 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読