生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« コンプライアンス(1)-定義(22) | メイン | コンプライアンス(1)-定義(27) »

コンプライアンス(1)-定義(26)

 コンプライアンスの話を展開する前にコンプライアンス定義を明確にしつつあります。コンプライアンスは世間でとられている遵法に限定されず、もっと広い意味にとると前欄において説明し始めています。つづけます。

 船場吉兆の「下がった料理を再盛り付け」から「霞会館におけるOB/OG懇談会の料理不足」の話になり、かつ霞会館の説明におよびました」

 ―― 船場吉兆の例を挙げた理由は、「社内慣行に盲目的に従う」ことの危なさを説いたものでした。

 ―― さて社内慣行が法律などの基準に照らし合わせて違反となる理由には、大別して二つのケースがあります。

1)  もともと違反であったものが、その程度が長年の年月の経過とともに不適合程度が拡大し、限界を超えて外部の目によって発覚。あるいは、   
2)  もともとは違反ではなかったが、周囲の環境変化によって不適合となり、それに気がつかずに外部の目によって発覚。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2010年05月01日 11:06 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読