生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« コンプライアンス(1)-定義(18) | メイン | コンプライアンス(1)-定義(20) »

コンプライアンス(1)-定義(19)

 コンプライアンスの話を展開する前にコンプライアンス定義を明確にしつつあります。コンプライアンスは世間でとられている遵法に限定されず、もっと広い意味にとると前欄において説明し始めています。


 少し本論の「社内慣行に対する適合」路線から逸脱し、関連する余談を紹介します。

 ―― 霞会館のこと
話の都合で霞会館の名前がでましたから、これを紹介します。東京の虎ノ門にある「霞ヶ関ビル」のオーナーは「三井不動産」です。社団法人霞会館から賃貸を受けています。

 ―― 大東亜戦争敗戦前の身分制度
 私の理解するところによると、「皇族」「華族」「士族」「平民」が大東亜戦争敗戦前まで存在していたわが国の身分制度です。

 ―― 明治時代以前の身分制度
 明治維新前までは、「公家」「寺家」「武家」がバランスよく身分制度を維持していたようです。武家の棟梁が制夷大将軍でした。公家と寺家の棟梁に関しては調べていませんが、天皇(公家)と座主(寺家)なのでしょうか。

 ―― 霞会館の会員
 霞会館の主たる会員は大東亜戦争前の華族家の直系当主です。ところで「華族」とはどんな人達でしょうか。華族を一言で表現すると大東亜戦争敗戦前における日本の貴族です。詳細は次欄に譲ります。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2010年04月23日 09:58 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読