生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« コンプライアンス(1)-定義(10) | メイン | コンプライアンス(1)-定義(12) »

コンプライアンス(1)-定義(11)

 コンプライアンスの話を展開する前にコンプライアンス定義を明確にしつつあります。コンプライアンスは世間でとられている遵法に限定されず、もっと広い意味にとると前欄において説明し始めています。

 コンプライアンスの話を展開する前にコンプライアンス定義を明確にしつつあります。コンプライアンスは世間でとられている遵法に限定されず、もっと広い意味にとると前欄において説明し始めています。

 ―― 加地伸行先生の「古典個展」(2010年3月28日、産経新聞)の紹介を続けます。
 先生曰く「一方、我々に個人主義という思想はなかったが、東北アジア流に自律してきた。それが可能であったのは、われわれ凡人への抑止力として、それぞれの祖先を置いたからである。「御先祖さまが許さぬ」という、われわれの抑止力はかって生きていたのである(中略)」と。

 ―― 先生はさらに続けられます。
 続けて曰く「戦後教育においては、祖先という抑止力を教えてこなかったため、抑止力なき個人主義教育からは、ただ利己主義者を生み出すのみとなったそういう利己主義者が頼るのは日本国憲法の『婚姻は両性の合意にのみに基づく』夫婦の幸せだけであり、子を虐待して<殺人>して恥じぬ人間の屑が生まれてきたのだ」と。

 
「よくぞ言ってくださった」
 と、私は心の中で大喝采の手を叩いています。
 そのように感じていながら、うまく表現できなかった事実を理論的に証明してくださいました。

「さすがは大学教授だ」
 と、感服しました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2010年04月09日 05:28 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読