生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 日本カーリット(横浜)(41)-爆発-安全技術の伝承(25) | メイン | 日本カーリット(横浜)(43)爆発-安全技術の伝承(27) »

日本カーリット(横浜)(42)-爆発-安全技術の伝承(26)

 日本カーリット(横浜)爆発火災事故に関連したこの連載を継続します。最近の大事故(三菱化学鹿島、三井化学下関、森田化学大阪、そして日本カーリット横浜)は、安全技術の伝承ができていないことに真の原因があると私は考えています。つづけます。


 ―― すでに述べてきましたが、「定年延長」「再雇用」に代わる第三の方式とは、技術者が自らの意思で個人事業主となって独立し、勤務していた企業から役務(技術伝承サービス)を受注する方式です。

 ―― この方式であれば、「先生」と呼ばれます。
しかしながら、「先生」と呼ばれるには、厳しい険しい登山道を登らなければなりません。

 この険しい道を自らの意思で、この道を探して、そして登る人はめったにいません。そこで企業がその道を示唆する必要があります。

 ―― しかし「示唆」には企業リスクが伴います。即ち、示唆した以上は、この登山道を選んだ人に対して企業が御褒美を与えるものと、当該登山者は期待します。これが大きな企業リスクです。

 ―― この期待を放置しておくと、自己研鑽を積極的には心がけない人までが、安易にこの道を選び、途中で息切れがして挫折します。
そして挫折の責任を企業に転嫁します。責任を転嫁された企業は、安易な技術者にも「技術伝承サービス」を発注せざると得ない窮地に陥ります。これでは企業はやって行けません。

 ―― 第三の方式を実践した例を、拙著「生涯現役エンジニア」(丸善)の第四章「実例」生涯現役エンジニアにおいて紹介しました。

 この本に御興味のある方は、以下のURLを開いてみてください。
http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4901689622/ref=sib_dp_pt#reader-link

 ―― 御意見や御質問のある方はどうぞ下のアドレスで私にコンタクトを試みてください。
tanabe-yasuo@tanabe-consul.jp

 あるいはこのホームページに数多く設置してある「問合せ」欄の内から、どれでもよいですから御利用になってコンタクトしていただいても結構です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2010年03月10日 10:30 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読