生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 森田化学 – 爆発 – 安全技術の伝承(13) | メイン | 森田化学 – 爆発 – 安全技術の伝承(14) »

日本カーリット(横浜)(19)– 爆発 – 安全技術の伝承(3)

 「日本カーリット(横浜) – 爆発 –安全技術の伝承」
 このブログを、「森田化学 – 爆発 – 安全技術の伝承」のブログに平行して書いています。


 ―― 父田邉多聞の敗戦後(不成功)例を紹介しました。繰り返します。何のために紹介したのでしょうか。

 ―― これからが本題です。
 父親多聞は京都市交通局長時代に、前述した昭和22(1947)年初頭のゼネラルストライキに遭遇しました。
 それまでは命令を下しさえすれば部下が従うという官制の中で育った父多聞です。部下がストライキ(父多聞に言わせると反乱)するなど、毛頭視野の中にありませんでした。

 ―― 父は職を自ら辞しました。
 ストライキに対してどう対処してよいか分からなかったのでしょうか、あるいは、敗戦で職を失った虚脱感や失望感に苛(さいな)まれていたかもしれません。
 なぜならば、戦前の父多聞は前述の通り、高等管二等の官吏区分にあり、所属していた内務省でいうと京都府知事に相当する官吏区分に相当していましたから、内地引き上げ後に拝命した京都市交通局長は大きな降格でした。それで虚脱感や失望感に苛まれていたのかも知れません。

 ―― その後の父多聞は失業の中で苦しい生活を強いられました。ですから私達子供も苦しい生活を強いられました。「天国から地獄へ転落」という思いでした。

 ―― 私は、父のために惜しみます。
もしもゼネラルストライキに正面から立ち向かい、何らかの解決の糸口を掴みだしていたら、それ以降の父の人生は再び朝鮮総督府時代と同様、再び成功の方向に向かったであろうと。

 ―― 御意見や御質問のある方はどうぞ下のアドレスで私にコンタクトを試みてください。
tanabe-yasuo@tanabe-consul.jp

 あるいはこのホームページに数多く設置してある「問合せ」欄の内から、どれでもよいですから御利用になってコンタクトしていただいても結構です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2010年02月01日 06:55 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読