生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 森田化学 – 爆発 – 安全技術の伝承(2) | メイン | 森田化学 – 爆発 – 安全技術の伝承(3) »

日本カーリット(横浜) – 爆発 – 過塩素酸(8)

「日本カーリット(横浜) – 爆発 – 過塩素酸」
 このブログを、「森田化学 – 爆発 - 三フッ化ホウ素」のブログに平行して書いています。

前欄において「安全弁の元弁を「閉」にした」可能性を示唆しました。

「安全弁の元弁を「閉」にするなどは、あり得ない」
と、思われる方はおられませんか。

 ―― 有るのです。
 安全弁の元弁を「開」にすることを失念してロケットになった例が有るのです。
一般に高圧ガスのタンクは、定期検査の際、水を用いて常用圧力以上の圧力を掛けてタンク強度をテストします。その際は常用圧力値に設定してある安全弁が作動しないように元弁を「閉」にします。テスト完了後に「開」にします。ところが、これを失念しました。

 ―― このようなことは滅多にないことですが、北海道で液体窒素タンクにおいて例がありました。定期点検後に安全弁の元弁を『たまたま』「開」に戻し忘れていました。
 この状態で『たまたま』窒素のユーザー装置が故障して消費がストップしました。通常は、消費に伴う窒素の蒸発によって蒸発潜熱によって低温が保たれているのですが、これがストップしました。
 ですから温度が上昇して圧量がどんどん上昇しました。『たまたま』夜間のことであり、気がつく人はいませんでした。

 圧力が(安全係数を掛けた)設計圧力を超え、強度の弱い底板接合部が外れてタンクは、ロケットのように飛翔しました。かなりの距離を飛翔したそうです。
 幸い人災はなかったのでこの話は「笑い話」で済みました。安全技術の世界では笑い話のような話が現実にあるものです。因みに紹介します。
 そんなことはあり得ないとおもっていることがたまたま三件重なると大事故になります。北海道の例において『たまたま』と記載した部分の三箇所です。

 ―― 御意見や御質問のある方はどうぞ下のアドレスで私にコンタクトを試みてください。
tanabe-yasuo@tanabe-consul.jp

 あるいはこのホームページに数多く設置してある「問合せ」欄の内から、どれでもよいですから御利用になってコンタクトしていただいても結構です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2010年01月13日 09:17 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読