生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 森田化学 – 爆発 - 三フッ化ホウ素(7) | メイン | 森田化学 – 爆発 - 三フッ化ホウ素(9) »

森田化学 – 爆発 - 三フッ化ホウ素(8)

 森田化学工業(大阪)の三フッ化ホウ素タンク爆発事故に関する私、労働安全コンサルタント田邉康雄の感想を続けます。前欄につづいて爆鳴気を形成するに足る水素が発生したかどうかを検証します。

 ―― 1モルの気体の容積は御存知の通り、22.4ℓです。ですから、爆鳴気を形成するに必要な1kℓの水素は、約50モルです。前欄に記載した反応式から、水素3モルを発生するには、鉄が2グラム原子腐食されればよいということが分かります。
 すると、約50モルの水素が発生するには、鉄が30~40グラム原子腐食されれば、それで十分であるという結論に到達します。

 ―― では30~40グラム原子の鉄は何グラムでしょうか。私は鉄の原子量を正確には記憶していません。しかし鉄、コバルト、ニッケルは周期律表のカリウムと同じ列にあったと記憶します。ですから、原子番号は25~30です。すると、原子量は50~60となります。
 ですから30~40グラム原子の鉄は、約1,500~2,000グラムとなります。鉄の比重は約8g/cm3ですから、200~300cm3すなわち、200~300mℓです。3.5インチフロッピーディスク約10枚分の鉄が腐食されるだけで、タンク内部に爆鳴気を形成するに足る水素が発生するということが分かります。タンクの大きさから見てこの状況は十分に有り得ます。

 ―― 検証してみましょう。
 1メートル四方(1㎡)の鉄板の0.1㎜(0.01㎝)の厚みだけ腐食したとします。
100㎝×100㎝×0.01㎝=100㎝3=100mℓ
 即ち、2~3平方メートル(㎡)の鉄板があればよいのです。これは十分にあり得ます。爆発を起こしたタンクの直径が2メートルだとすると、水が溜まった底板だけで3.14×2×2≒3平方メートルありますから。

 ―― 以上は概算ですが、本質を見誤ることはないでしょう。これが化学部門の労働安全コンサルタントのものの考え方です。

 ―― 御意見や御質問のある方はどうぞ下のアドレスで私にコンタクトを試みてください。
tanabe-yasuo@tanabe-consul.jp

あるいはこのホームページに数多く設置してある「問合せ」欄の内から、どれでもよいですから御利用になってコンタクトしていただいても結構です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2010年01月05日 12:46 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読