生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 森田化学 – 爆発 – 安全技術の伝承(1) | メイン | 森田化学 – 爆発 – 安全技術の伝承(2) »

日本カーリット(横浜) – 爆発 – 過塩素酸(7)

「日本カーリット(横浜) – 爆発 – 過塩素酸」
 このブログを、「森田化学 – 爆発 - 三フッ化ホウ素」のブログに平行して書いています。

「日本カーリット(横浜) – 爆発 – 過塩素酸」
 このブログを、「森田化学 – 爆発 - 三フッ化ホウ素」のブログに平行して書いています。
 
 前欄において何トンもある圧力釜がロケットのように飛翔した理由に2つが考えられると言いました。

 ―― まず1)の「設計値以上の圧力がかかった」を考えてみます。
テレビ映像によると市販の通常タイプ(シリンダー型)のボンベから水素を供給していますから、ボンベ元圧(およそ16MPa)以上には圧力が上昇しません。ですから誤操作によって過剰圧力を掛けた可能性は低くなります。

 ―― 有機化合物に水素添加反応を施す操作
 と、報道されました。

 この反応は発熱を伴います。ですから予定以上の有機化合物を供給して水素を張ると、予定以上の反応が起こって温度が予定以上に上昇し、容積が予定以上に大きくなって圧力釜から逃げ場のない水素が、その分だけ圧力を予定以上に上昇します。こんなことが考えられます。

 そして危険圧力に達し、たまたま運悪く、定期修理の後で安全弁の元弁を「閉」にしたまま、これを「開」に戻すことを失念しており、逃げ場のない水素が(安全係数を掛けた)設計圧力以上の圧力を示し、圧力釜の弱点である底部と胴の境目部分が破壊されてロケットのように飛翔しました。こんなシナリオが考えられます。

 ―― 御意見や御質問のある方はどうぞ下のアドレスで私にコンタクトを試みてください。
tanabe-yasuo@tanabe-consul.jp

 あるいはこのホームページに数多く設置してある「問合せ」欄の内から、どれでもよいですから御利用になってコンタクトしていただいても結構です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2010年01月12日 09:43 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読