生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 森田化学 – 爆発 - 三フッ化ホウ素(12) | メイン | 森田化学 – 爆発 - 三フッ化ホウ素(13) »

日本カーリット(横浜) – 爆発 – 過塩素酸(3)


「日本カーリット(横浜) – 爆発 – 過塩素酸」のブログを、「森田化学 – 爆発 - 三フッ化ホウ素」のブログに平行して書いています。

 ―― 前欄において日本経済新聞が「08年にも死傷事故」と報じたことを紹介しました。
この事故に関しては、私もよく記憶していることも前欄において紹介しました。

 ―― 当時の事故は、後の調査によるとトリクロロシラン(HSiCℓ3)を加熱する圧力釜の過熱用スチームを供給するコイル状パイプの破損だったそうです。
 この破損に気がつかずに釜を爆発させて2名を死傷させたとして、工場長等を業務上過失傷害容疑で横浜地検へ書類送検したと報ぜられました。

 ―― 三菱化学(鹿島)の例でもそうですが、昨今は工場の責任者が書類送検を受けるようになりました。以前はその現場の長までにとどまっていましたたが。
三菱化学の例においては管理体制の不備が問われて、それが工場トップにまで責任を問われたものでした。そして現に有罪判決を受けました。

 ―― 管理体制を問われるのですから、工場長がいわゆる管理部門(人事/経理/総務など)出身の人であったとしても、訴求を逃れることはできないと思われます。

 ―― 御意見や御質問のある方はどうぞ下のアドレスで私にコンタクトを試みてください。
tanabe-yasuo@tanabe-consul.jp

 あるいはこのホームページに数多く設置してある「問合せ」欄の内から、どれでもよいですから御利用になってコンタクトしていただいても結構です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2010年01月09日 09:19 |

« 前の記事 | 次の記事 »

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 日本カーリット(横浜) – 爆発 – 過塩素酸(3):

» 横浜 爆発 横浜ロイヤルパークホテル 送信元 今日のトピックス・ニュース
階段滑り止め.com » Blog Archive » 工場火災:横浜で化学工場が爆発 7日午後5時50分ごろ、横浜市金沢区福浦... [詳しくはこちら]

トラックバック時刻: 2010年01月09日 12:03

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読