生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 森田化学 – 爆発 – 安全技術の伝承(9) | メイン | 森田化学 – 爆発 – 安全技術の伝承(10) »

日本カーリット(横浜) – 爆発 – 過塩素酸(15)

「日本カーリット(横浜) – 爆発 – 過塩素酸」
 このブログを、「森田化学 – 爆発 - 三フッ化ホウ素」のブログに平行して書いています。続けます。

 前欄において「人事部門の歴史に関して私見を述べる」と言いました。
以下に私見を述べます――。

 ―― 大東亜戦争敗戦後、支那大陸、朝鮮半島、台湾や南方などの外地から引き上げてきた兵隊、民間人などが国内に溢れ、職を確保するための労働争議が熾烈を極めました。
 因みに紹介します。私の父親田邉多聞も朝鮮半島から引き上げてきて無職でした。ですから私達親子6人の生活は困窮を極めました。

 ―― 昭和22年初頭には、ゼネラルストライキが計画されました。私は当時小学校四年生の三学期であり、このことをよく記憶しています。

 ―― それまで尊敬する教育者として絶対的な尊敬の的だった「先生」までが労働者となって「ストライキする」と息巻いておられました。幸いなことに、しかし、占領軍GHQのマッカーサー指令によって中止されました。

 ―― 御意見や御質問のある方はどうぞ下のアドレスで私にコンタクトを試みてください。
tanabe-yasuo@tanabe-consul.jp

 あるいはこのホームページに数多く設置してある「問合せ」欄の内から、どれでもよいですから御利用になってコンタクトしていただいても結構です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2010年01月24日 08:56 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読