生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 日本カーリット(横浜)(18)– 爆発 – 安全技術の伝承(2) | メイン | 日本カーリット(横浜)(19)– 爆発 – 安全技術の伝承(3) »

森田化学 – 爆発 – 安全技術の伝承(13)

 森田化学工業(大阪)の三フッ化ホウ素タンク爆発事故に関する私、労働安全コンサルタント田邉康雄の感想を述べています。書いている最中の2010年1月7日に日本カーリット(横浜)において大爆発火災が発生したのでそのブログを書き始めましたが、平行して書いています。つづけます。


 ―― 歩兵が実戦において手順書を見ながら戦えるか?
 と、前欄において言いました。

 ―― 歩兵に必要な能力は「弾丸の発射速度」と「発射した弾丸の命中率」です。これを掛け合わせると単位時間に敵兵に命中する弾丸の数、すなわち倒した敵兵の数がでます。
 そしてこの数値が大きければ大きいほど、自分が生き残る確率が大きくなります。兵は自分の生存率を賭けて必死に体で覚えます。

 ―― 鉄砲を扱ったことのない人(例示すると私のような人)が、急に戦争に駆り出されて敵兵に遭遇したとするとどうやってよいか分かりません。

 ―― 話が飛躍しますが、大東亜戦争末期の「学徒動員」は、悲惨でした。まさに鉄砲を扱ったことのない大学生が敵兵に遭遇させられたのですから。「自殺(玉砕)せよ」と最初から命令を受けたのも同然でした。

 ―― 話をもどします。
 鉄砲に関して必要な記録は、各々の兵の必要能力の習得度を示す訓練記録です。そのためにまず、兵の必要能力とは何かを明らかにすることが先決です。これをISO9001:1994では「訓練ニーズ(Training needs)を特定(identify)することが先決」と言っていました。そしてこの考え方はその後の改定版にも踏襲されていますし、ISO14001でも踏襲されています。

 ―― 御意見や御質問のある方はどうぞ下のアドレスで私にコンタクトを試みてください。
tanabe-yasuo@tanabe-consul.jp

 あるいはこのホームページに数多く設置してある「問合せ」欄の内から、どれでもよいですから御利用になってコンタクトしていただいても結構です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2010年01月31日 08:31 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読