生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 日本カーリット(横浜) – 爆発 – 過塩素酸(3) | メイン | 日本カーリット(横浜) – 爆発 – 過塩素酸(4) »

森田化学 – 爆発 - 三フッ化ホウ素(13)

 森田化学工業(大阪)の三フッ化ホウ素タンク爆発事故に関する私、労働安全コンサルタント田邉康雄の感想を述べています。続けます。

 ―― 無水フッ酸は、金属腐食性がありません。
私は三菱化成(現三菱化学)に在籍していた頃(1985~1990年)、無水フッ酸の電気分解を担当させて貰いました。

 ―― その経緯は以下の通りです。三菱化学の中で先輩格の小野田取締役総合研究所長から依頼を受けました。その頃私は、本社の企画開発室の中でエレクトロ・ケミストリープロジェクト部長をしていました。

 ―― 小野田所長は私がケイ素化学(CVD法光ファイバー、並びにシリコン半導体単結晶引き上げ用『るつぼ』原料合成石英)の立ち上げに成功したので、余生を駆ってフッ素化学も立ち上げてくれとの御依頼を受けたものでした。

「うちの会社にフッ素化学の基盤はありませんよ」
 と、一旦は断りました。しかし―― 。
 君ならやれる、とおだてられました。曰く「諦めかけていたケイ素化学を立ち上げてくれた」だからその君ならやれると。

 ―― ブタもおだてりゃ木に登る。
 ということわざがあります。

 ―― 京都大学名誉教授の渡辺信淳先生を頼って「フッ化水素の電気分解」を教えていただくことにしたものでした。

 この辺りの事情は、拙著「生涯現役エンジニア」252ページに記載してあります。
 御興味のある方は、以下のURLを開いてみてください。
http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4901689622/ref=sib_dp_pt#reader-link


 ―― 御意見や御質問のある方はどうぞ下のアドレスで私にコンタクトを試みてください。
tanabe-yasuo@tanabe-consul.jp

 あるいはこのホームページに数多く設置してある「問合せ」欄の内から、どれでもよいですから御利用になってコンタクトしていただいても結構です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2010年01月10日 08:25 |

« 前の記事 | 次の記事 »

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 森田化学 – 爆発 - 三フッ化ホウ素(13):

» 日本カーリット 金沢区福浦 送信元 業界最新ニュース
日本カーリット:大阪:So-netブログ (01/09)日本カーリット 高圧釜付近が爆発か、神奈川県警などが実況見分/横浜の化学工場爆発事故 (01/0... [詳しくはこちら]

トラックバック時刻: 2010年01月10日 12:06

» 日本カーリット 福浦 送信元 知りたいニュースがここにある。
中堅化学メーカーの就職について 中堅化学メーカーの就職についてどの程度の大学に出れば中堅化学メーカーの研究職に就職できるか 荒川化学工業 関東電化工業... [詳しくはこちら]

トラックバック時刻: 2010年01月10日 13:39

» 日本カーリット 金沢区 送信元 パーフェクトワールド
うーーーん、私には少し、難しい内容です。森田化学 – 爆発 - 三フッ化ホウ素(13) (生涯現役エンジニア ブログ) 生涯現役を保つには何... [詳しくはこちら]

トラックバック時刻: 2010年01月10日 23:47

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読