生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« ISOコンサルタント(1) -  開業の経緯(5) | メイン | ISOコンサルタント(1) -  開業の経緯(7) »

ISOコンサルタント(1) -  開業の経緯(6)

 私がISOコンサルタントになった経緯の紹介をつづけます。


「どうやったらISO審査員資格が取れるか?」
 と、情報収集に励みました。
ISOコンサルタントになるために資格が必要だったからでした。

 ―― ISO審査員養成5日間コース
 と、いう研修があることを知りました。1994年夏のことでした。情報源は勤務先三菱化学の品質保証部。

 ―― 担当者に社外研修を受けさせている。これを受けると審査員資格が取れる。
 と、いう情報を掴みました。

 当時はISO9000sが普及し始めたばかりの時であり、受講希望者の数が多く、そのわりには研修機関の数は少ない時代でした。
 だから売り手市場であり、半年程度の「待ち時間」は当たり前でした。しかし私は急いでいたので悠長に待つ時間はありませんでした。

 ―― 早速三菱化学品質保証部と交渉してこの枠を使わせて貰いました。もちろん3受講料(30万円)は個人負担でした。三菱化学の品質保証部署に所属している人は「社業に必要」という理由で会社持ちだったそうですが。

―― この辺の事情は、拙著「生涯現役エンジニア」(丸善)p-269頁を見てください。以下のURLによって少しだけ「立ち読み」できます。
http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4901689622/ref=sib_dp_pt#reader-link

 ―― 御意見や御質問のある方はどうぞ下のアドレスで私にコンタクトを試みてください。
tanabe-yasuo@tanabe-consul.jp

 あるいはこのホームページに数多く設置してある「問合せ」欄の内から、どれでもよいですから御利用になってコンタクトしていただいても結構です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2009年12月09日 08:47 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読