生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« ISOコンサルタント(1) -  開業の経緯(21) | メイン | ISOコンサルタント(1) -  開業の経緯(23) »

ISOコンサルタント(1) -  開業の経緯(22)

 私がISOコンサルタントになった経緯の紹介をつづけます。

 ―― 前欄において、大明株式会社のOHSAS18001のSGSジャパンによる初回審査の状況を紹介しました。不適切(審査態度)に対して改善を申し入れたものの、「聞く耳を持たない」との対応を受けたものでした。

 ―― 担当のチームリーダー主任審査員に対して「SGSジャパンのマネージャーに通報するが、それでよいか?」と言いました。回答は「どうぞ」であったことを前欄において紹介しました。

 ―― そこで直ちに、SGSジャパンの認証サービス事業部長に電話しました。スイス人でしたから、英語で話をしました。

 状況を詳細に説明したところ、よく分かってくれました。そして状況を文書で報告してほしいと要請をうけました。

 ―― そこで審査の進行状況をつぶさに記録してこれを英文報告書にして提出しました。SGSジャパンは真摯に対応してくれました。その結果、その主任審査員が二度と大明株式会社の審査にくることはありませんでした。

 噂によるとその主任審査員は、SGSジャパンから審査業務を受託する機会を失って去っていったそうです。
真偽のほどは知る由もありませんが、そうであればさすがは信用のあるSGSジャパンさんであると感服しています。

 ―― 本件に関して御意見や御質問のある方はどうぞ下のアドレスで私にコンタクトを試みてください。
tanabe-yasuo@tanabe-consul.jp

 あるいはこのホームページに数多く設置してある「問合せ」欄の内から、どれでもよいですから御利用になってコンタクトしていただいても結構です。


 

投稿者: 田邉康雄 日時: 2009年12月25日 08:51 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読