生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 三井化学 下関 - 三フッ化窒素工場の爆発事故(29) | メイン | 三井化学 下関 - 三フッ化窒素工場の爆発事故(30) »

ISOコンサルタント(1) -  開業の経緯(1)

 私はコンサルタントの資格を複数所持しています。例示すると、中小企業診断士、技術士(化学)、労働安全コンサルタントの3つを柱として、その他にも多数資格を所持しています。

 ―― しかし「何のコンサルタントか?」と問われたら「ISOコンサルタントです」と答えます。なぜならばこの道の「プロ中のプロ」を自負しているからです。
 もちろんISOコンサルタントに必要な資格は所持しています。ISO9001主任審査員とISO14001主任審査員の2つです。

 ―― 14年前、三菱化学を60歳定年退職する際に関連会社への役員として出向する道を断り、独立を志しました。そのときすでに冒頭に書いた3種類の資格を所持していました。

 ―― ところがこれだけでは、独立して「現役時代」と同レベルの収入を上げることはできないと判断しました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2009年12月04日 08:21 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読