生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 三井化学 下関 - 三フッ化窒素工場の爆発事故(8) | メイン | 三井化学 下関 - 三フッ化窒素工場の爆発事故(10) »

三井化学 下関 - 三フッ化窒素工場の爆発事故(9)

 三井化学の下関の工場で爆発火災事故があったことに関連して私の思いを述べています。さらに続けます。

「OJTしか技術伝承の手段はありません」
 と、前欄において述べました。

 ―― ではどうやってOJTを実施すればよいのでしょうか。
 OJTとは訓練であり、一人前に仕事をしながらさらに技量を向上するというレベルの訓練です。職場に配属された際に実施される、いわゆる初歩的導入教育ではありません。

 ―― 立派に仕事をしながら、技量を向上する。
 と、いう概念がOJTであり、すでにISO9001の欄で述べましたが、欧米においてはこの仕組みが出来上がっています。ヨーロッパに中世以来伝わっている徒弟制度がこれに該当します。親方と弟子の関係です。

 ―― 話が脱線しますが、ISO9001:2008で規定されている「必要力量を明確」にして「教育訓練」し、この手順の「有効性」をチェックするということは正に「立派に仕事をしながら技量を向上し、このやり方が計画通りに実施しているかどうかを確認する」ということを意味しています。しかしながらわが国の多くのISO9001導入企業はこのことに気がついていないようです。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2009年11月13日 08:04 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読