生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 三井化学 下関 – 三フッ化窒素工場の爆発事故(2) | メイン | 三井化学 下関 - 三フッ化窒素工場の爆発事故(4) »

三井化学 下関 – 三フッ化窒素工場の爆発事故(3)

 三井化学の下関の工場で爆発火災事故があったことを2009年11月4日夜7時のNHKテレビで見て思わず「なさけない」と言葉を発したことを前欄で紹介し、その言葉を発した理由を前欄に述べました。


 本欄においてはもう一つの理由を紹介します。

 ―― その会社の本業において事故を起こすとは、全社的な安全活動において怠慢であるとお思いです。ですから前欄で引用した広辞苑の「嘆かわしい、惨めである」の意味でつかったものでした。

 ―― 化学工場は、もともと「危ない」作業を実施しています。「危ない」作業を「安全に」作業することによって世間様から認められてその分だけ付加価値を頂戴しているものです。

 ―― 典型的な好例はノーベル賞のアルフレッド・ノーベルです。

 ―― ノーベルは、危ない「トリニトログリセリン(TNT)」を安全に取扱いう技術を開発して大きな付加価値を獲得しました。爆薬です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2009年11月07日 15:21 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読