生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 三井化学 下関 - 三フッ化窒素工場の爆発事故(24) | メイン | 三井化学 下関 - 三フッ化窒素工場の爆発事故(26) »

三井化学 下関 - 三フッ化窒素工場の爆発事故(25)

 三井化学の下関の工場で爆発火災事故があったことに関連して私の「思い」を書いています。つづけます。

 ―― 前欄において三井化学の株価が、下関の爆発火災を境にして急落した事実に言及しました。同じ期間において三菱化学(CH)と住友化学の株価は、今の経済情勢を反映して下がってはいますが三井化学のような急落してはいません。

 ―― 化学会社の爆発火災が株価に影響するとすれば、化学会社の爆発火災防止は、トップマネジメントの喫緊の課題です。

 ―― 一方素材産業は、開闢以来「プラント安全」には最大の努力をしてきました。そのことは、石油化学プラント設計者であった私田邉康雄がよく知っています。安全設計に腐心しましたから。

 ―― 問題は、設計思想が伝承されているかどうかです。
 このことに関しては、化学会社の安全担当部では、実態がよく把握できていないと思います。事故が発生した後で「原因は○○○○だった」という解析に留まっています。

 ―― その原因も表向きの原因であり、「なぜそんな不可解なことをしたのか」という技術者の内面的なところには踏み込むことができません。
 ここは技術者の人材育成から考えなければなりません。しかし人材育成は安全担当部の手に余ります。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2009年11月29日 07:57 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読