生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 三井化学 下関 - 三フッ化窒素工場の爆発事故(16) | メイン | 三井化学 下関 - 三フッ化窒素工場の爆発事故(17) »

三井化学 下関 - 三フッ化窒素工場の爆発事故(17)

 三井化学の下関の工場で爆発火災事故があったことに関連して私の思いを述べています。つづけます。

 「化学工場の災害は周辺住民を巻き添えにする」
と、前欄で紹介しました。

―― 1984年にインドのボパールにおいて、米国ユニオン・カーバイドの子会社が、猛毒のメチルイソシアネート(ガス)の漏洩した事故(災害)がありました。

―― その日の内に2000人以上が死亡し、15~30万人が被害を受けたと報じられました。最終的には1万5000人から2万5000人が死亡したとされています(Wikipedia)。

―― そしてユニオン・カーバイドは経営が圧迫されて自力ではやって行けなくなり、ダウケミカルに吸収合併されました。即ち伝統ある社名が消えました。

―― これが「環境リスク」です。環境面で問題(災害)を起こすと、経営破たんにつながるという大きなリスクです。

 ―― このリスクを低減する目的をもって制定されたマネジメントシステムが、環境マネジメントシステムISO14001でした。そしてOHSAS18001につながりました。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2009年11月21日 07:49 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読