生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 三井化学 下関 - 三フッ化窒素工場の爆発事故(10) | メイン | 三井化学 下関 - 三フッ化窒素工場の爆発事故(12) »

三井化学 下関 - 三フッ化窒素工場の爆発事故(11)

 三井化学の下関の工場で爆発火災事故があったことに関連して私の思いを述べています。つづけます。

 ―― 京都大学工学部の徒弟制度は、教授の指導の下に立派な研究をさせてもらいながら、研究手法を学ぶというものです。私も教授の指導を受けながら研究をさせてもらい、研究結果が触媒工学分野で世界的権威のある「Journal of Catalyst」に論文が掲載されました。

 ―― 教授の指導のお陰で私は触媒工学を専門とする化学エンジニアとして育ちました。そして三菱化学に入社して徒弟制度的なOJTを受けさらに技量を磨きました。
 先輩に感謝するところ大です。但しその三菱化学においてすら、制度としてOJTが確立していた訳ではありませんでした。

 ―― わが国の企業においてOJTの手法を確立している企業は極めて稀です。ヨーロッパ的徒弟制度は皆無であるといってもよいでしょう。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2009年11月15日 08:24 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読