生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 温室効果ガス-東京都の総量削減義務(2)コンサル(4) | メイン | 温室効果ガス-東京都の総量削減義務(2)コンサル(6) »

温室効果ガス-東京都の総量削減義務(2)コンサル(5)

 東京都の温室効果ガス削減義務に関する検証主任者等の講習会をうけてきたことの紹介に関連して当該分野のコンサルタントの話をしていますが、昨日試験の結果発表を受けたのでそれを紹介します。


 ―― 不合格でした。
 結果は郵送されてきました。タイトルは「検証主任者等講習会未終了のお知らせ」でした。具体的には「登録区分『特定ガス・基準量』において「終了試験に合格していないため、同登録区分の講習会が未終了であることをお知らせします」とありました。

―― この欄の初回に書いた通り「難易度」が高く、「私には30分で15問の択一式問題」を解答することは困難であると書きました。その通りの結果がでました。

 ―― 5問択一式問題が全15問あり、これを30分で解答するということは一問2分です。仮に2分掛けて一問解答したとすると見直す時間はありません。合格ラインは80点との発表がありました。

 ―― 私はこの試験は「落とす試験」であったと理解しました。多くの受講者がいるので選別する必要があったものでしょう。すなわち「勉強していない人は合格させない」という意図がありありと感じられました。

 ―― この選別に勝ち残るためには「東京都の温室効果ガス排出量算定基準」を100%理解しておき、受験に当たってはその知識を瞬間的に出すことが必要です。

 もちろん東京都はそれを求めているものと思われます。合格率はうわさによると、約20%だそうです。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2009年10月25日 08:17 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読