生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 日経ISO不正防止対策記事 ――記事に対する意見(8) | メイン | 日経ISO不正防止対策記事 ―記事に対する意見(1) »

日経ISO不正防止対策記事 ――記事に対する意見(9)

 日経新聞朝刊一面(2009年8月10日)記事に対する私の考え方の御披露を続けています。


 ―― 話が飛びますが、私は地球温暖化ガス排出権取にかかる排出量検証員の資格をもっています。テクノファが実施しているコースに出席して最終日の試験に合格しました。
 この試験が正に前欄で紹介したような、事前に勉強をしてくることを求めるコースでした。ですから私は、一回目の試験において不合格でした。排出権取引制度をよく勉強してから再度受験した二回目においてやっと合格しました。

 ―― 認定機関によって認定されたコースの話に戻ります。
 このコースを卒業した受講者は、翌日から完全な審査を担当できる力量を持つことが期待されます。ところが、現時点では無理です。

 ―― 一方ISO審査機関の中には、IRCA登録審査員資格やJRCA登録審査員資格やCEAR登録審査員資格は不要であるといっている機関があると聞きます。
自分の機関内できめた審査員資格があれば十分であるといっているそうです。これは「ISO審査を厳格に」と言っている日経記事の趣旨に反します。

 ―― このように内部ルールを改定する理由は、審査機関内のコスト削減であるようです。こんなコスト削減に付き合わされる受診側は「大いなる迷惑」です

 ―― 日経記事の「審査を厳格に」を実現するならば「審査員力量の向上へ」を受診側が主張すべきです。これが私の結論です。
 
 次欄からは、審査員力量向上への道に関する私見を開示します。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2009年09月22日 20:14 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読