生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 日経ISO不正防止対策記事 ――審査員力量向上(6) | メイン | 日経ISO不正防止対策記事 ――審査員力量向上(8) »

日経ISO不正防止対策記事 ――審査員力量向上(7)

 日経新聞朝刊一面(2009年8月10日)記事に関連して「審査員力量向上が大切である」ことを述べています。

 
 前欄において、JAS-ANZ(大洋州認定機関)認定コース受験のことを紹介しました。その中で、私はこの試験の受験をスキップしたことを述べました。

 ―― なぜスキップが許されたのでしょうか?
 これは主任審査員へ進む道の必須課程となっているのに。答えは以下のとおりです。

―― 私のそれまでの労働安全に関する経験とISO14001、並びにISO9001の経験を評価してくれたのです。これが外国のやり方です。実力を見てくれるのです。
 その間、オーストラリアのQSAと何度も連絡をとりました。電話で事情を話したこともありました。この際、英語の力が役立ちました。

 ―― 私が自分自身の経験をアピールした結果、コース受験をスキップしてQSAのOHSAS18001主任審査員となったのでした。この分野の公式資格保持者としてわが国第一号でした。
 当時全世界を見渡しても公式資格は、JAS-ANZ(大洋州認定機関)認定資格が唯一のものでした。ですからわが国第一号は当然でした。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2009年09月29日 17:26 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読