生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 日経ISO不正防止対策記事 ――審査員力量向上(2) | メイン | 日経ISO不正防止対策記事 ――審査員力量向上(4) »

日経ISO不正防止対策記事 ――審査員力量向上(3)

 日経新聞朝刊一面(2009年8月10日)記事に関連して「審査員力量向上が大切である」ことを述べています。つづけます。

 ―― 私は、マネジメントシステムにおいては「環境関連法の順守」が重要であることは理解しています。なぜならば規格が順守を求めているからです。

 ―― しかし順守は企業の責任において実施するものであって審査員が「違法を指摘」する立場にはありません。このこことも熟知していました。

 ―― すなわち違法があったことを発見した場合は、その違法がなぜ発生したか、その根本原因を是正するような是正処置要求を出すことが審査員の使命であることを知っていました。

 ―― したがって審査員は、環境関連法を知っておく必要はあるが、100%知っている必要はないと考えていました。法律の専門家ではありませんから。この考え方は現在でも変わっていません。

 ―― ところが口頭試問において、法律に関して執拗な質問を受けました。そして回答が不十分と見做されて不合格でした。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2009年09月25日 17:56 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読