生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 内部監査代行(7)―OHSAS審査員資格取得の早道(2) | メイン | 内部監査代行(7)―OHSAS審査員資格取得の早道(4) »

内部監査代行(7)―OHSAS審査員資格取得の早道(3)

 OHSAS18001主任審査員資格取得への早道の話をつづけます。

 ―― いずれの企業にも「生き残り」努力をする権利があります。また義務もあります。適性利潤を上げて税金を支払う国民としての義務です。

 ―― しかしながら倫理に抵触するような努力は周囲が「承知」しません。周囲とは、自分が属する集団(組織)の中の他の人々のことをいいます。

 ―― 倫理とは「組織内において、貴方以外のすべての人が貴方と同じ行動をとった場合に、組織の中で何の問題も発生しないそのような行動をとること。この行動の背景思想」であるという定義があるので、私もこれを採用しています。

 ―― 風聞した内容は以下の通りです。
 ISO14001公式主任審査員がOHSAS18001「公式」主任審査員資格を持つチームリーダーがリードする審査チームに参加して一回実習することにより社内認定OHSAS18001社内認定主任審査員となれる。こんな風聞です。

もしもこれが真実であるとすれば「倫理」に抵触しないでしょうか?

投稿者: 田邉康雄 日時: 2009年07月29日 09:18 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読