生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 内部監査代行(5)OHSAS18001を外部へ依頼する必要性(19) | メイン | 内部監査代行(6)―ISO審査員資格取得の早道(1) »

内部監査代行(5)OHSAS18001を外部へ依頼する必要性(20)

 労働安全衛生マネジメントシステム規格OHSAS18001に関する現状を説明していまが、登録審査の際に禁止されているコンサルティングの話を前欄までの欄において紹介しました。


 ―― 風聞するところによると一部の審査機関においては、審査の付加価値とは「審査の場において提起する「是正処置要求」並びに「観察事項」と規定しているそうです。受審する顧客はこれに満足するでしょうか?

 ―― 弊社には、OHSAS18001主任審査員資格と厚生労働大臣登録労働安全コンサルタント、及び同衛生コンサルタント、またはその両方を合わせもつ人材が4名います。
とくに私は「化学プラント」のことがよく分かります。化学プラントの「設計エンジニア」であり、多くの設計実績がありますから。弊社はこれらの人材を使用して内部監査代行を引き受けるものです。

 ―― なお後述しますが、審査機関の審査登録証明書を必要としない企業に対しては「自己宣言」をお勧めしています。力量不足の審査員に審査されるよりは、遥かに有利です。
 審査機関に支払う費用がまったく要らないので、コストが半分に以下に下がります。そして安い上に無駄なことをやる必要がありません。無駄なく労働安全衛生リスクが大きく低下します。この件に関しては独立欄を準備する予定です。

 以上で審査員の力量の話を終わります。OHSAS18001審査員の力量が不足しているが故に、字自衛手段として「OHSAS18001主任審査員」資格と「厚生労働大臣登録労働安全コンサルタント」資格を合わせもつ人材による「内部監査代行」が必要であることを縷々述べてきました。

 ―― 今問題としている審査員の力量に関連して紹介します。
 私のOHSAS18001主任審査員、労働安全コンサルタントとしての力量基盤は「化学エンジニア」です。 この力量を、拙著「生涯現役エンジニア」で確認していただけると幸いです。御興味のある方は下のURLを開いてください。
http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4901689622/ref=sib_dp_pt#reader-link

 次欄から、は「内部監査代行」の余得を紹介します。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2009年07月10日 07:39 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読