生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 内部監査代行(5)OHSAS18001を外部へ依頼する必要性(5) | メイン | 内部監査代行(5)OHSAS18001を外部へ依頼する必要性(7) »

内部監査代行(5)OHSAS18001を外部へ依頼する必要性(6)

 労働安全衛生マネジメントシステム規格「OHSAS18001」制定の端緒となった大事故、英国巨大化学企業の「ICI社」の工場において大爆発火災を引き起こした「シクロヘキサン」の説明をします。

 ―― ガソリンスタンドで「レギュラー」ガソリンに対して「ハイオク」ガソリンが販売されています。

「オク」とは「イソオクタン」の略です。純粋のイソオクタンからなるガソリンの「オクタン価」を100と定義してあります。オクタン価はノッキング「し易さ」の指標です。
イソオクタンはノッキングし難いガソリン成分の代表です。これに対してノッキングし易いガソリンの代表は「ノルマルへプタン」です。

 ―― オクタン価97とは、イソオクタン97%、ノルマルへプタン3%から成るガソリンと同程度のノッキングを起こすガソリンのことです。実際、石油精製工場(製油所)においては日常テストによって出荷オクタン価を決定しています。

「オクタ」は8を意味します。炭素の骨が8個あるガソリンという意味です。これからシクロヘキサンのことを想像してみてください。

 ―― もうお分かりでしょう。シクロヘキサンは、炭素の骨が6個ある「ガソリン」です。

 なお「オクタ(8)」も「ヘプタ(7)」も「ヘキサ(6)」もギリシャ語が語源だそうです。ついでに言うと「ペンタ」は5であり、ペンタゴンは五角形のことであって特徴ある「五角形」の建物に本部がある米国「国防省」の異名です

 シクロヘキサンは「ガソリン」であることを説明しました。実際は平均的なガソリンよりも蒸発し易いので「強揮発性ガソリン」と呼んだ方が適切です。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2009年06月26日 08:17 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読