生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 内部監査代行(3)―OHSASを外部に依頼する必要性(9) | メイン | 内部監査代行(3)―OHSASを外部に依頼する必要性(11) »

内部監査代行(3)―OHSASを外部に依頼する必要性(10)

 安全の専門家である労働安全コンサルタントの資格を得るための試験問題の難易度が高い(すなわち難関)ことを説明しています。

 例えば「ある化学プラントが爆発炎上した。この原因を推定し、化学反応式を用いて説明せよ」のような記述式の試験問題です。

 ―― 受験を思い立った時期は四十歳台でした。その頃は、安全問題に関しては未だ勉強途上でした。
 試験問題を見て「とても難しい」と思って受験をあきらめていました。ところが技術士登録者はこの試験が免除されるということを知りました。

 そこで、「労働安全衛生法」を日本労働安全衛生コンサルタント会が主催する労働基準監督官によるセミナーに出席して勉強し、合格しました。

「安全一般」は、すでに持っていた「機械」「電気」「土木」「建築」の一般常識でカバーできました。


投稿者: 田邉康雄 日時: 2009年04月13日 16:42 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読