生涯現役エンジニアブログ

生涯現役を保つには何が必要か。齢70、自ら実践している筆者が失敗例を交え生涯現役エンジニアの実例を見せ、また新資格制度を提案します。

« 内部監査代行(1)―なぜ外部に頼む必要性があるか(14) | メイン | 内部監査代行(2)―料金大幅値下げ(1) »

内部監査代行(1)―なぜ外部に頼む必要性があるか(15)

 引続いて企業が、内部監査を代行してもらうことの必要性をご一緒に考えています。


 「見える化」に必要なことは、まず聞く姿勢であることを説明しました。

 ―― 聞きながら相手の言うことをまとめます。そして相手にさらにしゃべってもらいます。相手は、このさらにしゃべる場面において自ら「気づき」をします。そして内部監査員は、この気付きを引き出して「見える化」に追加します。

 このようなプロセスによって「見える化」できた内容は、内部監査員が考えた内容ではありません。相手が考えた内容になっているのです。

 ―― コンサルティング・コーチング
 と、いう言葉があります。

 有能な経営コンサルタントが駆使するコンサルティング・ツールです。今説明した手法はまさにコンサルティング・コーチングに酷似しています。

 ―― この手法は、一年に一回程度の内部監査の場においては訓練できません。内部監査代行を依頼している場において、代行内部監査員の実演を見て習得する他はありません。

投稿者: 田邉康雄 日時: 2009年03月31日 10:44 |

« 前の記事 | 次の記事 »

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




youtue

京大OB・OGガイドブック

初回メール相談無料

エントリー検索

 

カテゴリー

アーカイブ

労働安全衛生マネジメントシステム

田辺コンサルタント著書の書籍紹介

商店街の街並み設計

田辺コンサルタント・グループ
代表取締役 田邉康雄
〒140-0014
東京都品川区大井6-20-6
TEL 03-3776-2495
FAX 03-5742-7695
お問合せフォーム

このブログを購読